FC2ブログ

奈良の和モダン住宅

2017-03

暮らしの中の花粉症対策

奈良で自然素材を使った和モダン注文住宅、TDホーム奈良です

花粉の飛びかう季節ですね。
私自身も花粉症で、最近はいつもマスクが手放せません。

今回は、住まいのお手入れのついでに出来る花粉対策を
ご紹介したいと思いますヾ(o´∀`o)ノ


★床の拭き掃除で花粉対策!

7be9cc00214be5fbf4f4054dea2657c1_s.jpg

ふだん掃除機を使っておられる方も、この時期は
雑巾やウェットシートでこまめに床の拭き掃除を行いましょう。

掃除機をかけてしまうと、床に残っている花粉が
風圧で空気中に舞い上がってしまうそうです。
ハタキや箒の使用もなるべく避けましょう。


★部屋の湿度を少し高めに保つ

5f9d4d4e412b3523d7a57ab878704217_s.jpg

花粉は湿度60%を超える場所では、水分を含んで飛散できなくなるそうです。
加湿器や、花粉をよけて部屋干ししている洗濯ものを利用して、
部屋の湿度が60%程度になるように加湿していきます。


★お部屋の換気は夜間や早朝に

f7e137e078e6221c57be380c4c0a2600_s.jpg

午前10時から午後2時の間は、花粉の飛散が1番激しい
時間帯であると言われています。

逆に、花粉があまり飛んでいない時間帯は、太陽が上りきるまでの早朝と
花粉が地面に落ちてしまった後の夜間。

この時間帯を狙って換気を行うと、
花粉が部屋に入り込むのを大幅に防いでくれます。

又、換気の際には窓を全開にするのではなく、
2か所ほど細く開けるだけでじゅうぶんです。
窓を開けてもカーテンは閉めておくと、ここでも花粉の侵入を軽減してくれます。


fe9710b88bd270b97f36310ef3051fbb_s.jpg

ちなみに、

・天気が良くて気温が高く、乾燥している日
・風の強い日
・雨の降り始め
・前日に雨が降った日

は、花粉の飛散が多くなっていますので、この日は避けて換気してみてくださいね!


スポンサーサイト



春先の住まいのお手入れ

奈良で自然素材を使った和モダン注文住宅、TDホーム奈良です

お水取りも満行。
まだ朝晩は冷え込みますが、梅も綻びはじめ、
奈良はいっきに春めいてきたような気がします。

890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s.jpg

ところで、冬が終わり、厳しい寒さと雪に耐えた家は
屋内外ともに傷んでいる場合が多いようです。
春先に1度住まいの点検をしてみるのも良いかもしれません。

特に、春先に確認してみて頂きたい住まいのポイントはこちらです。


① 雨樋

080aaa5dab5f1395fa71146d9ed146d1_s.jpg

集水器、堅樋には落葉、土砂等が付着して、つまりの原因になりやすいです。
梅雨が来る前にお掃除しておきましょう。
(※危険を伴う作業はご自分で行わず、専門業者にご相談くださいね!)



② 網戸

369dab6b5243fa9b13c1d90a9da8a19f_s.jpg

網の破れ、汚れの蓄積はないでしょうか?
網戸が活躍する夏の前に確認しておきましょう。



③ 窓ガラス

d9a11a92b519a59d3a0cac9177a3173c_s.jpg

冬の間に発生した結露から、ガラス面だけでなく
ガラス周りのゴムにカビが発生していることがあります。


それから、無垢フローリングを使用した住宅にお住まいの方は、
無垢フローリングは自然の木で生きていますので、
冬から春にかけては暖房などの乾燥によって隙間ができてきます。

逆に、湿度の高い梅雨から夏にかけては湿気を吸って伸びるため、
この隙間は小さくなっていきます。
木が呼吸することで、室内の調湿機能を
果たしてくれているだけなのでご安心くださいませ。

ただし、過度の乾燥がある場合には
「反り」や「割れ」が起こる原因となりますのでご注意くださいね。



春を告げる、東大寺二月堂「お水取り」

奈良で自然素材を使った和モダン注文住宅、TDホーム奈良です

奈良は春が近づき、だんだんと暖かくなって参りました。

3月1日より、古都奈良に春を告げる行事、
東大寺二月堂の「お水取り」も始まっております

3862064.jpg

通称「お水取り」は、「お松明」の名前でも知られている行事で、
正式名称は「修二会」と言います。
752年にはじめられ、それ以来一度も絶えることなく続いているそうです。

7694322da6aeca06a4dbb313546fd63a_s.jpg

大松明に火をつけ、二月堂の欄干の上を転がすようにして
観客の頭上から、火の粉を撒き散らします。

二月堂のご本尊である十一面観音様に、人々にかわって罪を懺悔し、
国家の安泰と万民の豊楽を祈る行事だそうです。

98e0e990ab593ee0e6a843c0034b21d2_s.jpg

大松明は、長さ約7mにもなるとのことで、真下で見るとすごい迫力です!!
この火の粉を浴びると無病息災のご利益があるそうで、
火の粉が降り注ぐ欄干の下は大混雑です。
ちょっと危ないので、燃えにくい素材のお洋服で行くのが良いかもしれません。

http://narashikanko.or.jp/omizutori/

奈良市観光協会のホームページに
お水取りの詳しい解説が掲載されていました!



3月14日までは毎晩この行事が行われます。
今からでも間に合いますので、ぜひ!という方は足を運んでみてくださいね。

奈良に冬を告げるおん祭りは、880年以上の歴史がありますが
奈良に春を告げるお水取りは、実に1260年以上の歴史があるんですね!

 | ホーム | 

 

プロフィール

nakatabuilders

Author:nakatabuilders
奈良県の工務店、TDホーム奈良のブログです。家づくりの様子をお届けします♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (73)
リフォーム (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR